忍者ブログ

劇団kabrock HYPER SONIC WEB

新作準備中!
08«  2017/09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   »10
Admin | Write | Comment

テストプレイ会に行ってきたよ!



うぇい!
劇団kabrock、スパゲティー担当、kabrockです!
うぇい!

6/17に参加してきたテストプレイ会での
ご意見とか反応とか進行役してて思ったこととかを
いまさらノコノコとまとめました
翌日にやれよ!という内容ですが、本日出かける前にブログかきかき!

主催のレイさんをはじめ、
当日お付き合いいただいた皆様、ありがとうございました!

以下、――反 省 点 ッ !





SURVIVAL GAME FIELD -Dice of Bullet- (仮タイトル)

●わちゃつく
⇒あ、これ、GM(進行役)必須だわ……
 6vs6推奨であればもっとスッキリさせるべきか……

●なんかふわっとしてるけど遊べなくはない
⇒たぶん、何かゲキ的なウマ味が必要な気がする

●攻撃を仕掛けてきた相手に効果するカードが分かりづらい
⇒この辺をわかりやすくしたかった↓
 ・その地形にいるプレイヤーに効果
 ・その地形にいるプレイヤーに攻撃を仕掛けたプレイヤーに効果
 命中、ダイスダウン

●「王手!」的なパワーアップ欲しいかも
⇒前進する事にメリットがほしいというご意見

●待ちの戦術で膠着しやすい
⇒まぁ、実際のサバゲでもそうだけども、
 このゲームでは相手の位置が見えてしまうため
 「相手の命中マイナスのこの地形にいれば有利だぜ!」となってしまう
 ラウンド終了処理のとき、効果つきFIELDを裏返して無効にする?
 いや、変に操作が増えるのもなぁ・・・

●時間制限によるカード除外で、10ラウンドにしたとき、カードの枚数が足りない
⇒2回やって、どちらも6ラウンドで決着したけども、単純な計算ミスでした

●3vs3じゃないとたぶん楽しくないし、更にGM(進行役)が必須な気がする
⇒ひとりでやってる劇団kabrockとして、イベントで売る際、
 とても売りづらい要素だということにいまさら気づく(展示スペース、人員)
 今まで2vs2でやってたのでピンとこなかった……なぜ気づかなかった!くそう!
 たぶん机半分の試遊スペースになると思うのでこれはかなりまずい……
 ……ホントマジなぜ気づかなかった!くそう!

●フィールド設営はランダムのほうがいい?
⇒ルールを理解した状態でFIELD設営&初期設定で15分かかった
 ただ、フィールド設営がいちばん楽しまれていたような気がしないでもない
 ゲーム中に配置できる地形効果を減らして
 そのぶん効果なしのFIELDを増やすか……

●フィールドの広さ
⇒もっと広くてもよくね?
 という意見もあったけど、
 今のサイズがちょうどいいという結果に

●勝利条件は絞ったほうがいい
⇒仕事場の休憩時間のテストで「3人倒せ」とか「拠点に行け」だと
 物足りなさがあったため、試験的に
 「3人倒して拠点に行け!」という勝利条件でプレイ
 逆に勝利条件がボヤけた感じに

●フラッグ戦の際のフィニッシュ感
⇒相手拠点で1R待機とかにした方がいいかも?
 次のラウンドの移動ステップで終わりですよね?感があり、
 今のところそこから逆転の要素がない
 別案として、拠点到達後、ダイス判定(1D6で3以上?)で拠点制圧成功とか?

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

さぁ、遊べなくはないのにわりと問題点多いぞ!
ゲムマ申し込み時期に改善できなければ……
どうしよう……
(現時点、一応のところ、じょい!のやつの増産を考えております)

あと、イエローサブマリン様に委託販売していたJoy'n Force、完売してました!



やったぜ!

テストプレイ会のゲームについては
自分のとこを含む18サークルの方々が参加し、
5作品をプレイ!

写真とっちゃイケナイゲームもあったのだけども
ほかの参加者様のゲームも面白かった!

●チェキにいろいろ書き込んでかわいさを競うゲーム


●GOLDと冒険者をやりとりして点数を競うゲーム


●大塚さんのゲーム
いろいろあって言っていい情報が限られてて
ボロ出したくないので詳しくいえないけど楽しかった!

●ダイスの目に合わせた地形を占領?して開発してお金を貯めるゲーム(コレ一番好きかも)


●北海道の都市でお金を稼ぐゲーム
最後に遊んだゲーム
写真撮るの忘れてた……

ホントに、とても勉強になりました!
なんというか、素直に楽しいと思えるのって、
余計な要素が少ないなぁと肌で感じ、
自分のやつは「面白いかどうかわからないから要素を足す」という
悪い癖のようなものが出ているような気がしないでもない!
なんとかせねば!

それでは次回も、
げきた~ん、かぶ・ロック!
PR

プロフィール

HN:
kabrock
性別:
男性
職業:
画像や映像を作ったり直したりする仕事
趣味:
カラオケ、ガンプラ、工作、空想
自己紹介:
劇団kabrock!それは
架空のロックバンドである!
Vo-karu(誤植ではない)
:kabrock
Rap-pu(誤植ではない)
:kabrapをメインに
工作
:シンケングリンジ
積木
:ジェンガファイター
Web更新
:アウトローキ・ドリー
らが七転八倒する単身劇団(ワンマンシアター)である!
※現在1人5役で進行しています

~BIOGRAPHY~
2010年秋の4-Come ART Rock FES 2010で、
イベント1週間前に骨折をするというアクシデントを乗り越え
2011年秋
待望の1stFullAlbum『Colors of the dat』を引っさげて
O-TACK Come-TA PIOの4-Come ART Rock FES 2011で
ポッと出のインディーズながらも1120枚(80枚の14セット)をセールス!
2ndAlbumリリース後、EVENTから遠ざかることとなり、本業多忙による病み墜ちの後、退職。
その後、京都大阪旅行、高所恐怖症克服修行などを含むそこそこに長い充電期間を経て、再就職。
2016年12月に3rdAlbum『Joy'nForce-ジョイフォース-』で新境地GAMEMARKETに挑む!
現在、『Joy'nForce-ジョイフォース-』は、
イエローサブマリン各店舗様で取り扱い中らしい!

※高所恐怖症は多少軽減された程度で克服はしていない

ツイッターってやつ

ゆうびん

ゲームのルールに関する
ご質問はこちらへ
Powered by NINJA TOOLS

ブログ内検索

カテゴリー

アーカイブ

<< BACK  | HOME |   NEXT >>
Copyright ©  -- 劇団kabrock HYPER SONIC WEB --  All Rights Reserved
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]