忍者ブログ

劇団kabrock HYPER SONIC WEB

冬のゲムマ秋に秘湯!魔王城の湯 ~Dark ONSEN Castle~で両日出展!
11«  2017/12  2  5  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   »01
Admin | Write | Comment

drawing and trust!


ハオ!
劇団kabrock、エリクシル担当、kabrockです!
イェイ!

描いてあそぶカードゲーム、Colors of the dat!!

そう!

これは!

描いて遊ぶカードゲームだッ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2000円

高いよね?

蒲田

遠い人は来れないよね?

スケッチブックの参戦

してほしい人もいるよね?

そんなラビットマンたちにこいつをズガンだ!

劇団kabrock SO材置き場へ

「COD_BLANK_CARD」
っていう圧縮ファイルを開いてくれ!

カードの枠が入ってるぞ!
こいつを使ってわんにゃか出来るって寸法だ!
印刷向けじゃないRGB形式だけど
セブンイレブンで印刷するとかなら大丈夫!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Colors of the datのカードデッキは
各色、各レベルのカード2枚ずつ、
合計40枚のカードデッキを1人分としてバトルするという
「プレイヤー同士がだいたい同じ条件」で遊ぶゲームなので
デッキに個性を与えるためには、
カードの中身…つまりキャラクターの部分になるわけです

で、このカードの枠を使って

描いて遊ぼってわけですよ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カードの作り方はとっても簡単!

おぉ、つづきを読むこの機能、初めて使うわ…
おぉ、こうなってたのか…

ではご説明

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カードの数値は以下のように決められています

①カードのレベルを決め、定数1を加え、「カードの作成点」を計算、確認する
例:
「カードのレベル」+「定数1」=「カードの作成点」

②4色の中からカードの色を決める
以下の4色:
「赤」「緑」「青」「黄」

③各種パワーソースに「カードの作成点を割り振る」
ただし、各パワーソースには、
カードのレベルを上回る数値を設定できない

例:
レベル3、緑のカードを作成する場合、
「作成点4」=「インパクト:0 ハート:3 スキル:1」

④色に対応した特殊能力を、効果テキストの欄に記述する
「赤」=「威力」 
条件:味方キャラがアタックを宣言している時。
効果:アタック宣言をしているキャラ1体に対して、「POW+1」を与える。

「緑」=「防御」
条件:味方キャラがガードを宣言している時。
効果:ガード宣言をしているキャラ1体に対して、「POW+1」を与える。

「青」=「再起」
条件:自分のエンドフェイズの時。
効果:味方エリアのロール状態のキャラ「1体をアクティブ」にする。

「黄」=「回復」
条件:バトルが成立した時。
効果:自分の山札を「2回復」する。

※レベル5のカードを作成する際は、「 」で囲った部分の数値を+1します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上のカードの能力を、
頑張ってかいた絵と、カード枠を合成したものに書き込んで
カードの名前と、雰囲気付けになんかいろいろ書き足して

き み だ け の カ ー ド が ゆ ん ぱ っ ぱ ー

できるということなのさ!

ドコに何を記述するかは、雰囲気で察してくれ!
SO材置き場のプロモーションカードなんかを見ながらな!

あと、イベントで頒布したカードの、右上の3つの噴出しは
ゲームには関係ない部分なので、今回の枠データには含めてないです!

イェイ!

四隅のガイドに合わせてカードをA4サイズのカンバスにならべて統合すると、
9枚一組のシートがつくれるぞ!

プリンタとか、セブンイレブンのコピー機とかでカラー印刷して
ガイドの青い線に沿って、定規をアテて切って、
ヴァンガードとか、ガンダムウォーとか、アクエリアンエイジの入った
裏が見えないタイプのカードスリーブにぶち込めばもう完成だ!
もちろん、Colors of the datと混ぜてあそんでもいいし、
自作カードだけでデッキを作ってもいいぞ!

あと、これは個人的なお願いだけど
キャラの画像は、ネットから引っ張ってくるとかじゃなくて

是非

ぜひ

ゼヒ

がんばってキャラを自分でかいてカードを作ってほしいな!
ねんどで作ったものとかを写真に撮ってカード化するのもいいぞ!

Colors of the datは
描いて信じるカードゲームです
↑ここ大事

さぁ、これでポプラドンをつくって、
Gode;GAのポラロイドンと対決させよう!

上から絵を貼り付けるだけでよさそうな枠デザインも考えてるから
半年後くらいにHYPER SONIC WEBをみにきてくれ!

文章ばっかりだな!
そのうち図を用意するよ!
しないかもしれないな!

それでは次回も、ゲキダーン、カブ・ロック!!(←やべ、イベントレポート的なもの書くタイミング逃した)
PR

プロフィール

HN:
kabrock
性別:
男性
職業:
画像や映像を作ったり直したりする仕事
趣味:
カラオケ、ガンプラ、工作、空想
自己紹介:
劇団kabrock!それは
架空のロックバンドである!
Vo-karu(誤植ではない)
:kabrock
Rap-pu(誤植ではない)
:kabrapをメインに
工作
:シンケングリンジ
積木
:ジェンガファイター
Web更新
:アウトローキ・ドリー
らが七転八倒する単身劇団(ワンマンシアター)である!
※現在1人5役で進行しています

~BIOGRAPHY~
2010年秋の4-Come ART Rock FES 2010で、
イベント1週間前に骨折をするというアクシデントを乗り越え
2011年秋
待望の1stFullAlbum『Colors of the dat』を引っさげて
O-TACK Come-TA PIOの4-Come ART Rock FES 2011で
ポッと出のインディーズながらも1120枚(80枚の14セット)をセールス!
2ndAlbumリリース後、EVENTから遠ざかることとなり、本業多忙による病み墜ちの後、退職。
その後、京都大阪旅行、高所恐怖症克服修行などを含むそこそこに長い充電期間を経て、再就職。
2016年12月に3rdAlbum『Joy'nForce-ジョイフォース-』で新境地GAMEMARKETに挑んだ。
『Joy'nForce-ジョイフォース-』は、イエローサブマリン各店舗様で完売し、
2017年12月、再びGAME MARKET ROCK FESで、
新作『秘湯!魔王城の湯 ~Dark ONSEN Castle~』を引っさげて再登場!
常に過去最高の制作費を更新し続ける迂闊で残念な単身劇団である

※高所恐怖症は多少軽減された程度で克服はしていない

ツイッターってやつ

ゆうびん

ゲームのルールに関する
ご質問はこちらへ
Powered by NINJA TOOLS

ブログ内検索

カテゴリー

アーカイブ

<< BACK  | HOME |   NEXT >>
Copyright ©  -- 劇団kabrock HYPER SONIC WEB --  All Rights Reserved
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]